2019年年末の帰省について

久しぶりに実家に帰ることにした。

品川からの新幹線は、満席で立ち客が出るほど。

今年の帰省は決めていたので、早くから列車を押さえていた、30日になれば空くだろうと考えて居たが甘かった。帰路はグリーン車を取ったのだけど、往路は普通席を予約してしまっ為、立ち客に混ざって普通座席に座らなくてはならなくなってしまった。

すごくストレスだ。こんな感じで1時間ほどの旅行はたまらない、昼時を選択したから周りから弁当の匂いもしてストレスを加速する。

日本は、お盆と正月に帰省という習慣があって、国民が一斉に移動する。最近は、会社の休みが分散することで集中する移動を避けようとする動きもあるが、まだまだ一般的には広まっていないので、多くの人は盆正月の移動に変わりない、今回の年末年始の休みは曜日の巡りが良いので多くの会社で28日から休みに成ったと思うのだが。逆に早くから帰省をしないで、今日あたりの乗客が増えたのかもしれない。

品川を出た新幹線は、新横浜でまた多くの乗客を乗せ走り出す。

そろそろ車窓には丹沢の山々が見えてきた。今日はあいにくの、いや俺にとっては相変わらずの曇り空。塔ノ岳も雲に隠れていた。早くからE席を押さえていたので、車窓を楽しみながらの帰省を想像していたが、いつもながらのカルピス景色、グレーの雲が広がっている。

紅葉が終了した木々の山は白ちゃけて、かすむ。富士山が遠くに見えた。雲の切れ間から頂上をかすかに見せた。小田原駅の付近だろう。この天気では、静岡での天気も期待できないだろう。

 

って、隣に隣の席に嫌な感じのおっさんが座っていて、肘はあたるわ、脚はなげだすわ、もう最悪の気分でした。というむしゃくしゃとした気分で書いたので、とげのあるメッセージだ事。。。😡

新しい年を迎えるというのに、怒っちゃいかんいかん。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください