マイクロフォーサーズ その次に選んだレンズは「12-60mm F3.5-5.6」

週末の山行きがなかなか達成できなくて、それでも週末には疲れた体を引き釣り出してどこかへ出かけたい。

ミラーレス一眼を購入してぶらぶらと週末を歩くおいらですが、標準で付いていた12-32がどうしても使いづらくて、標準ズームがほしいと思うようになりました。標準の12-32はボディーに沈胴して、コンパクトで持ち出すには非常に良いのだけど、スイッチオンから撮影までに、レンズを繰り出して有る作業が追加されて、撮りたい一瞬を逃すような気がしてなりません。

通常、街撮りに持って出かけるレンズは、20mmのパンケーキだから、コンパクトだし、構図を決めるためにズームを使う事は無く、単焦点の良さを存分に楽しめるのですが、旅行に持ち出すとき、乗り物の中からスナップしたりするときは、構図が自分で決められないから、ズームのありがたさを感じるのですが、そんなときに標準ズームは、繰り出しの手間があっていまいち好きになれませんでした。

でも、12mmが捨てがたい!

35mm判換算で24mmという広角レンズ、ここが切り捨てられずに一緒に持ち歩く事が多くありました。単焦点で24mmはPanasonicのLumixGシリーズには無くて、LEICAの単焦点はF1.4ととても解放値が大きくて魅力的なのだけど、価格が・・・。素人には手が出ません。カメラの本体買えるよね。😥

これらを検討して購入したのが、

これ、パナソニック 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S H-FS12060

コンパクトさを犠牲にして、12mmを選択
ついでに60mmまでのズームで車窓からの記録をちょっとだけ助けちゃおうって言う訳です。光学5倍レンズだから倍率も非常に高い、動けない場所からの構図の切り取りにはとても適度なズームレンズです。

コンパクトを選択すると、こちら「パナソニック 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-PS14042-K」も有るので迷うところです。価格的には12-60より安価だし、沈胴式で電動ズームで手間も少なく、レンズの能力はほぼ同じ。でも、14mmからなんですよねぇ。

12mmと14mmの画角を比較すると10°ぐらいの違いなんだけど広角での印象が大きく違う(様に思う)のです。思い出したけど、昔銀塩の時も24mmを持って居ました。😉

四角い画面の中でひずみが少なくて、視野に近い広い画角をとらえられる、それが12mm(35mm判換算24mm)だと思うのです。

12mm なら自撮りも良い感じに取れますしね。

こだわりのレンズになりました。😙

ではでは、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください