Adobe Flashが2020年に終了へ

朝ブラウザを開いたら、Flashが2020年にサポートを終了する旨のメッセージがポップアップした。ああ、ついにこの時が来たのかと感じた。

マクロメディアがフラッシュを発表した頃、おいらはIT業界の片隅で飯を食べさせてもらっていた。マクロメディアのフラッシュでWEBの表現が革新的に向上するのを感じたのだが・・・。その後マクロメディアは、FlashごとAdobeに買収されてしまった。

おいらは、その当時ファイヤーワークスという編集ソフトを利用していて、ページの管理や履歴編集などが出来る同社のソフトに感心していた。おかげで、HTML言語を覚えなくても動的なWeb編集が出来るので、おいら達の仕事は格段に向上したように記憶している。

そんな中、FlashはCGIプログラムを利用せずに簡単にアニメーションをWeb上で表現できるツールとして生まれた。初めて目にしたときは衝撃的だった。

そのフラッシュがアドビに買収されたとき、「あぁ、フラッシュも終わったな」と感じていた。だって、アドビに買収されて開発が停滞した例が当時いっぱいあったんですよ。😅

そのFlashが20年に終了する。最近はHTML5が動画などをサポートしている訳ですが、どこまで包括できるのかは今のおいらでは分かりません。😭 終わったなと感じてから20年近く経っているわけですから、一つの時代が終わったなぁと言う方が正解なのかもしれませんね。

そうそう、このページにもFLASH入っていました。「北アルプスの天気」FLASHで動作しているみたいです。残念です。

 

ではでは、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください