タブレット用のキーボード TENPLUS 3E-BKY7

タブレットでも、キーボードが使いたい!タブレットに合わせて、キーボードを購入することにしたのです。

という事で、早速ショップへ、最近の端末はスマホが主流で「キーボードは少なくなってしまったのだろうなぁ」と思っていたのですが・・・。コンパクトタイプのキーボード、種類も色々そろっていて捨てたもんじゃ無いです。

giggle

今回選択したキーボードは、三つ折りで折りたたみサイズが158.6×90.5×15.8というちょうど手のひらサイズのキーボード3Eから発売されているTENPLUSと言うBluetoothキーボードです。

スタパ齋藤さんもWebでよさげな評価をしていました。
フルキーボードなのに折りたためる! 3Eの「TENPLUS」

 

 

 

 

 

うれしいのは、広げたサイズ278mmの中にテンキーが装備されている事!

数字を入力するときに、とても効率よく入力が可能です。「フルキーボード持って歩ける」は、報告書作成したり、データ編集したりするときに便利で、さらにタブレットでそれらの事が完結するから、出先にパソコンを持ち歩かなくても良いって事に!

ノートパソコンのモバイル性はだんだん低くなってきました。もはやほとんど持ち歩くことが無い。。。

sad

フルキーボードですが、超ミニサイズなので、入力してみると結構ミスタッチが発生してしまって、特に右手小指付近の操作が慣れが必要で、おいらは長棒(ー)が=を叩いてしまうミスタッチを連発しています。

idontunderstand

マルチOS対応という事で、Android、Windows、iOSに対応していて、端末も3台をファンクションで簡単に切り替えられるので便利だと思います。

先ずは、手元にあるM5Lite10でペアリングしてブログの入力を試して見ましたが、快適です。

充電は約2時間、待ち受けで50日という忘れそうな長さ、説明書には「長期間ご使用にならない時は、2ヶ月に一度本製品を充電してください」って。

アレ?

clap

ファンクションキーと合わせて、コピーやペーストも出来るのっだけど、ついついWindowsのショートカットを使ってしまうので、コントロールキーを主に使用してしまいますが、使えています。 😉

タブレットのケース付きキーボードは重いしかさばるなぁって貴方には、快適な環境に満足できる一品かと・・・。

ケース込みの本体重量は322gでした。(本体は196g実測)

M5Lite10のケース込み重量が692g 合計すると1014g

Lavi Zeroの重量が945gう~ん 両方持ち歩くと逆に重い・・・sleepy

やはり、M5Liteの重量は少し気になるところですね。タブレット本体の取り回しの良さを考えると、ノートパソコンよりは良いのかもしれませんが。キーボードをケースなしで持ち運べば、合計重量889gとノートより軽くなります。

tease

 

cry ショックなのは、秋葉原の店頭より断然Amazonの方が安い!ポイント還元って、いつ使うか分からないポイントより、おつりの方がうれしいですよね。

ではでは、sadbye

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください