MediaPad M5 lite Wi-Fi model 買ってみた

色々と世間を賑わせているHUAWEI(華為)ですが、名前からして「中華の為」ってネットでも叩かれていますね。

sweat

日本では、不買運動までは発展していないので、公共のネットワークハブや常時使いの携帯端末は心配だけど、個人のタブレット端末ぐらいまでなら容認かなぁって勝手に解釈してみました。でも、有事の際に妙な動作をしたら本当に怖いですね

mummy

そんなことの無い様に祈ります。

しかし・・・

10インチタブレットでコストパフォーマンスを比較してゆくと、Mediapadに行き着いてしまうというマジック 🙄  タブレットって利用者の割に選択肢が少ないなぁって感じます。購入の為に色々と比較したのですが、日本のメーカーには戦略が全く感じられなかったので、非常に残念。

cry(ってもほとんどが海外で作っているのだから微妙ですが。)

高すぎず、重すぎず、遅すぎず、かゆいところに手が届く10インチタブレットって事ですね。

気になるスペックは、

OS Android 8.0
プロセッサ HiSilicon Kirin 659/2.36GHz 4コア+1.7GHz 4コア
メインメモリ 64GBモデル:4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約10.1型WUXGA IPS液晶
解像度 1200×1920ピクセル
バッテリー容量 7500mAh
カメラ 有効約800万画素 (イン・アウト)
Wi-Fi Wi-Fi: 802.11a/b/g/n/ac  準拠 (2.4 / 5 GHz)
サイズ 約243.4(幅)×162.2(高さ)×7.7(奥行き)mm
重量 約480g

ハイエンドのM5 Proと比較するとCPUや画面解像度、カメラ解像度などのスペックを下げた廉価版ですね。価格はProが約5万円、liteが約3.2万円、35%ダウンの価格ですから、それなりのスペックってなるのですが、使用する環境やマシンに求める要求を考えると、価格差以上のパフォーマンスをliteに感じました。

clever

利用するシーンの多くは、自宅での動画再生ですから余裕どころかオーバースペックかもしれませんね。

本体ストレージ64GBです。外部ストエージに本や映画のデータをダウンロードしたかったので、128GBのmicroSDカードも購入しました。

こちら

256GBまでサポートされていますので、容量がほしい方は、microSDXCで検索すると200GBや256GBなんかで検索出来ます。

もうちょっと使い込んで、4チャンネルスピーカーシステムも楽しんでみたいと思います。

ではでは、sadbye

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください