三浦富士・武山 日帰りトレッキング|関東周辺週末の山登り

日頃の残業の疲れからか、朝起きられず、せっかくの連休を家で過ごすのも鬱なので、近くで簡単にトレッキングが出来ないかと探してみると・・・

品川から京急で1時間9分、津久井浜駅から3時間程度トレッキングが出来るルートを見つけました。 🙂 

三浦半島の中央部あたりというのでしょうか、富士山と名の付く山をトレッキングしてきました。津久井浜駅を北側へ出るとすぐにハイキングコースは始まります。所々にオレンジ色の目立つ看板でハイキングコースが案内されているので、迷う心配も少ないと思いますが、1/25000地図は持っていたほうが良いと思います。里山は枝道が多いので、道迷いの心配は有名な高山より有るように思いますから。

ルートは、①津久井浜駅 ②観光農園 ③配水池 ④武山 ⑤砲台山 ⑥三浦富士 ⑦観光農園 ⑧津久井浜駅 の周遊ルートです。 予測時間はおよそ3時間ですから、午後からスタートしても十分歩けるルートです。

逆順路も有りですが、三浦富士への道は舗装されている部分が多いので、警察訓練所を越えたあたりまで舗装路を歩くことになります。登りは少し急登ですが、配水池から最初に武山を目指した方が不整地歩きを楽しめるように思いました。

武山 山頂からの眺め
三浦半島、360°のパノラマが広がっています

武山から砲台山、三浦富士への尾根歩きは予想より高低差が少なく、すんなりと歩けてしまいます。岩場等もありませんから、初めての人でも不安はないと思います。三浦富士を登り終えて、下山に向かうと右手後方に、今日歩いた山と尾根が見えてぐるりと一週した感が気持ちよいです。

振り返ると今日歩いた山々が・・・

ちょっとトレーニングに、静かに里山を歩くには良いコースですね。 😛 

貴方も良い山行きを! ではでは、 😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください