動画編集ソフトVideoPadを試してみるよ|Muson MC2

カメラ:MUSON MC2
撮影データ:1080HD 60fps  ジンバル使用

4月の半ばにアクションカメラをザックのショルダーストラップに固定して湘南~鎌倉へ小旅行してきました。丹沢へ登る予定でしたが、朝起きると意味も無く膝に痛みがあったので、山行きをあきらめて、以前から行きたかった江ノ電の旅を決行しました。

アクションカメラの手ぶれを3軸電子制御のジンバルに乗せることで、低く抑え、素人でも手ぶれの少ない画像を撮影することが出来るので、旅行の思い出ビデオにとても重宝しています。

人気のある製品なので、結構売り切れが多いです。最近はGOPRO Hero5用のマウントキットがセットされて、GoPro買う人も(どちらかというと、こちらの使用方法が標準だと思うけど)安心ですね。

バッテリーが2回分4本セットされているので、旅行中かなり余裕を持って撮影が可能です。MUSON MC2はHero3と同じぐらいの大きさなので、そのままセットが可能です。こちらのカメラも、4K動画まで撮影できて1万円以下という価格なので、とても人気がありますね。画角も広く、F値もGoProより明るい様な気がします。

難点は、録画時間ですねぇ 1個のバッテリーで40~90分程度の撮影と言う所です。GoProは120分ぐらいらしいので、バッテリーの交換頻度はこちらの方が高いですね。ただ、バッテリーは非常に安く、互換品がAmazonで簡単に手に入ります。

 

さて、帰ってから、動画編集を行ったのですが、ユーザーが多いVideoStudioを使ってみたくて、30日間の試用で試して見ました。自動で色々面白い動作をしてくれるので、とても簡単に編集が出来て、人気の秘密はここにあるのだろうなと思うのですが、おいらのパソコンとの相性が悪いのかX10がフリーズしまくり、強制終了してしまうので、結局手元のVideoPadで編集しました。

VideoPadの使い方は、ちょっと癖があって色々とパラメーターを駆使してやらないと思った通りに動いてはくれません、ある程度はデフォルトでパラメーターが設定されていますが、単調な動きが多いので、やはり変更してやらないと古い時代の編集ソフト感が否めませんね。ソフト自体は全然古くないのですが、編集腕が古いという事で・・・。 🙁

でも、ほとんどフリーズすることが無いので、かなり快適に編集可能です。

今回4分の編集でエンコードに約20分かかりました。

そして、編集した動画はYouTubeにアップしてみましたので、よろしければ下記にて。

 

うーん、ぼそぼそとつぶやいているおやぢの独り言がつまんないですが、よろしければご視聴ください。

Video Padの使い方もまだ慣れていないので、色々と試行錯誤しています。

ではでは、sadbye

 

“動画編集ソフトVideoPadを試してみるよ|Muson MC2” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です