ZHIYUN Z1 Smooth C  にiPhone7を付けてみたよ

iPhone7には手ぶれ補正機能があるので、気を遣って撮影すれば、非常にきれいな映像が撮れるのだけど、ジンバル(Gimbal ギンバルとも言うそうです)を使うとレールを使ったようなヌルっとした動画が撮影できる様になります。

ジンバルは、電気制御されていて、カメラを一定の方向、角度で保つので、カメラを手持ちで走っても、映像はほとんど揺れずに撮影することが出来ます。

今回、Zhiyun Z1 Smooth C を購入し、iPhone7を乗せて試して見ました。

電源を入れる前に、バランスを取っておくことが大切な様で、乗せる携帯電話のサイズや大きさによって、位置をずらしバランスがとれた状態が望ましいそうです。

iPhone7は想定されているスマホの中では重い分野になるので、回転軸の場所いっぱいまで押し込んで固定したけど、それでもまだ少しバランスが悪い様です。

セットには、バランサーが入っているので、ネジ式のバランサーを使うと、ぴたりとバランスがとれる位置があるのですが、そうすると少々荷物が多くなって面倒でした。iPhonSEぐらいのサイズと重量がちょうどよいのかもしれませんね。

今回、おいらが購入したセットは、バッテリーが6個セットされてきました。本体には2個入るので、3回分のバッテリーが用意されていることになります。1セットのバッテリーで2~3時間以上動作しますから、一日の撮影中十分な動作時間がありました。

尚、バランスを上手く取ると、バッテリーの消費も少なくなるようですから、iPhone7の人は面倒でもバランサーを付けて使用した方が良いのかもしれませんね。

Zhiyun を選定した理由は、バッテリーが最初から3セット付属されてくることの他に、本体底部に三脚取り付けのネジがあることも評価出来ます。

三脚に取り付けて使用することはあまり無いと思いますが、有ればそれなりに便利ですよね。

ジンバルを付けてiphoneで動画撮影してみました。

歩いて撮影したところや、パンした所などなめらかで良いですよね。

まだまだ散財が続きそうです。verysad  ではでは、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です