SuicaとiPhone7とAppleWatch

 

先日iPhone7が非接触カードに対応したので、早速SuicaをiPhone7のwalletに登録して、JRで使ってみた。

おいらは通勤に電車を使ってないので、定期は入っていないが、カードケースと携帯電話の二つを持ち歩くことを考えたら、携帯電話だけ持ち歩けば良くなったので便利に感じるのです。

しかし、問題はチャージにあった。

JR蒲田駅の改札でチャージしようと思ったのだけど、携帯電話に対応したマシンが見つからないconfused ひょっとして無いのかな?

JR東日本モバイルSuicaの説明ページを見てみると、改札などの券売機には対応したマシンがほとんど無いようだ。surprised

多くのコンビニエンスストアでは、1000円、3,000円~とチャージが出来るが、金額を細かく指定してチャージすることは出来ないみたいだ。手持ちのお金が少ない時、ちょっと不便かな?って思うのです。

walletに対応するカードを登録してみたが、Suicaの支払いに対応しているカードを持っていなかった。 Suica指定のビューカードじゃないとチャージ出来ないみたいだ・・・。

次に「モバイルSuica」のアプリを使用して、チャージをしてみた。
アプリをダウンロードするとwebで登録を求められ、モバイルSuicaの会員登録を行った後、端末でアプリの使用が可能になる。アプリにログインするとチャージのボタンが現れ、入金金額を選択出来る様になった。1,000円・3,000円・5,000円と「その他」のボタンが選べて、「その他」を選ぶと500円1,000円、後1000円単位に細かく入金が出来たのであります。

クレジットカードは今回、三井住友カード(ID付き)を利用してみたが、上手く出来た! ビューカードでオートチャージも出来るけど、なんとなくセキュリティに不安を感じているので、現在はコンビニで都度チャージか、アプリでカードを指定してチャージをするのだけど、やっぱり希望はJRのホームや改札口で使いたい時に都度チャージが出来ると良いように思う。

セキュリティについて少し気になるのだけど、万が一悪意を持った第三者にiphoneが盗まれた場合、オートチャージだとSuica使い放題になるのでは無いだろうか?Suicaを使用する際、改札口にタッチするだけで、本人の認証は無いので、誰でも使えてしまうのだ。これは通常のSuicaカードでも同じ事が言えるのだろうけど、オートチャージは自動的に課金されてしまうので、ちょっと心配が増えるような気がするのです。

で、ついでに防水機能がついたApple Watchも購入してみた。38mm Series2、時計のサイズに迷ったけど、実物見たら38mmで十分でした。腕時計って38mmぐらいのサイズが標準的なサイズ感なのですね。改めて実感しました。

Bluetoothでiphoneと接続、SuicaをA.Watchに移行すると、改札でiphoneを取り出すこと無くスマートに通過!ん・・・・っ。

ん~・・・・。 スマートじゃ無い!!!

時計が左腕だとかなり面倒!  改札は右手でカードをタッチする様に出来ているのであった。
これって、左利きの人には不親切な設計だったのね。今更気付きました。

右腕に時計を付けたら簡単かもしれないのだけど、昔から左腕に時計を付けることが慣れてしまっている人が、今更その習慣を変えることは難しい・・・。

結局、Suicaはiphoneに戻した。(両方で使えると良いのだけど、どちらか一方でしか使用できない構造になっている。って当然か二人の人が一つのカード使えちゃう事になってしまうから。)

キャッシング機能には、IDを利用してみた。

IDは、iphoneでもA.Watchでも両方にセットできるので、ジョギングの際、財布を持たずに出てしまっても、コンビニで飲料水を買うことが出来て結構便利。ついでに言うと三井住友でIDを申し込んでエントリーすると先着?名まで、5000円のキャッシュバックが受けられる。17年の3月までという使用期限はあるけど、ちょっと飲料水をコンビニで買おうと言う時に重宝するのでは・・・。applause

 

取りあえず、今回Suicaをiphoneで使ってみると言うテーマで色々試して見たけど、時計まで買う予定が無かったので、実験に4万円も使ってしまった。

Apple Wachも、もっと使い込めば楽しい使い方があるかももしれないので、すぐに手放さずにもう少し楽しんでみようと思う。perfect  ではでは、


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です