蝉の声

新世紀エヴァンゲリオンの第一話は蝉の鳴き声から始まる。

愛知県に生まれ育ったおいには懐かしい蝉の鳴き声だった。

「ミーンミンミンミンミンミー」

アブラゼミの鳴き声。昔は、愛知県の多くに聞こえたこの声も、今では少数派となってしまった。

「シャァシャァシャァシャア」というクマゼミの鳴き声に変わってしまったのだ。
シャァと聞いて思い出すのは赤いと3倍速くなるあの方だが、その話は今回のエントリーとは関係がありません。

“蝉の声”の続きを読む