Garmin eTrex 30 がそろそろ買えなくなるのかな? 並行輸入と日本語化

eTrex30

Garmin eTrex 30xが発売されたので、旧機種の30がそろそろ販売完了に近づいているのかもしれない。Amazonや楽天などで検索すると在庫切れのショップも見かける様になったので、そろそろ在庫が無くなり次第と言うことになる様な感じがした。

GPSならiPhoneなどのスマホを利用すれば良いじゃ無いの?と思うのだけど、実際雪山ではバッテリが寒さのために能力低下してしまって使い物にならなくなる経験をしたので、やはりラフに利用できる単体のGPSは必須だと思う。

おいらはGarmin Venture HC を長年愛用してきた。詳細な地図は無いので、トラッキングデータを取る程度の機能しか無いが、プリントされた国土地理院1/2500地形図を併用しているので少しも困らなかった。地図に10秒ごとの経緯線を入れておけば数十メートルの範囲で自分の場所を特定することも出来るからだ。雪山でガスに巻かれたとき、その威力を発揮してケルンを見つけることも出来た。

ところが、スマホを利用して登山をする様になるとその便利さに犯されて楽を覚えてしまう。そして、地図より先にスマホを見て位置確認してしまうのだ。 😛  怠け者といわれるだろうけど・・・。

販売完了になってしまう前に、eTrex30を購入したいと思っていた。

なぜ旧機種を望むのかというと、日本語化をするのに色々と情報が多いからだ。日本語化された製品も販売されているが、価格が非常に高い、eTrex30で税込み74,520円もするのだ! ところが、英語版を買うと本体価格税込み3万円前後で購入することが出来る。無論、機器保証が国内で受けられないとか、英語が読めないと苦労するとか、リスクはあるが・・・。その価格差は低所得おいらには非常に大きい。差額で新しいレインウエアが買えてしまうのだから。

ilovemoney

今回購入したのはこちら>>Garmin eTrex30 並行輸入品

Amazonフリークなので、そこで調べてみると31,500円、う~ん以前より少し高くなっている。円高の頃は27,000円ぐらいだった様な気がするのだけど。後継機が出たというのにあまり安くなってないし。やはりおいらと同じ理由で旧機種を選ぶ人が多いからだろうか、、、最新モデル30Xでも、ファームウエアをダウングレードすれば日本語表示は出来るらしいし、そうなれば日本語表示の地図を使うことも可能だと思うが、まだ事例が多く出ていないので、素人には熟れた機種を選定することがIT製品選定の定石なのだ。 😉  人柱になる余裕がおいらの懐に無い 😥

ひとしきり悩んだ末eTrex30英語版を購入した。

早速日本語化に取り組んでみよう!

smile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です