マンションの扉が廊下の圧力変化で「ドン」と鳴る件

おいらは今、ワンルームの某安価マンションに住んでいるのですが、家賃の割に結構しっかりした作りで、国道沿いで自動車の往来も多く、騒音が気になるところですが、2重ガラスの防音構造になっているのでそれほど気になることもありません。

ところが、扉が時々「ドン」と鳴るので静かな部屋の中にいると「ドキッ」とさせられるのです。

最初は何の音かわからずに、音が鳴るたびに扉のあたりを調べたのだけどわからなくて、時折鳴るその音にいやな気分になっていたのだけど、ふとしたきっかけで音の正体がつかめました。

廊下の気密が高いので、エレベータの昇降や他のドアの開閉で廊下内の圧力が変わるため、ドア扉が動き音を立てるのでした。

tease

人の出入りがあると、都度ドアが「ゴト」っと動き音が発するのです。ドアの遊びが無ければその音は発しないわけで、対処は簡単、ドアとドア枠の遊びを無くしてしまえば音は鳴らなくなります。

ヒンジを調整してもドアの遊びは無くなりそうに無いので、策としてはドアと枠の間にクサビを入れてドアの遊びを殺してしまえば音がしなくなります。

クサビは厚紙を適当な厚さに重ねてガムテープで巻いてみました。
クサビにはひもを通し、その末端をドアチェーンにつけておけば、鍵を閉めた後クサビを交うことが出来るので便利です。

これでドアが突然音を出すことも無く、快適な暮らしが訪れました。

perfect

めでたしめでたし。^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です