軽い!ノートパソコンがほしい! NEC LAVIE  Hybrid ZERO HZ750BAB を購入した件

2015-10-12 11.19.25HZ750_R

長らく使用してきたCF-W5 レッツノートがそろそろくたびれてきた。動作も鈍いし内臓CDが読み込めなくなってきたし・・・。

そろそろ引退かなぁと思うようになってきた。no

ノートパソコンを購入する時、おいらが一番気にするのは重量。
前回のLet’s noteも同じ理由でW5を選択しました。1Kgを切るノートとして、さらにその堅牢さも気に入っていました。オールインワンで1キロを切る重量はとても魅力的で、さらに前に利用していたVAIOノートは2キロ近くあったので、毎日のバッグの重さが苦しいこと。年齢を重ねる度に日々のバッグの重さは気になってきます。

今回も1Kgを下回る条件でノートパソコンを選定してみました。

最初に選定に浮かんだのは、従来機W5の系統を辿ってレッツノートRZシリーズでした。

オールインワンではないですが、軽さとコンパクトさはそのまま、魅力なのはバッテリーの駆動時間が14時間もあるということです。W5も当時では長くて確か公称8時間と言っていたと思います。バッテリー駆動時間が長いというのは、おいらのような営業マンには大変うれしい機能で、事務屋さんやPGさんとは異なり、車や電車での移動だと電源を確保することが難しく、外出したらほぼバッテリーで駆動させることがほとんどで、何かのきっかけでバッテリーを消耗したりすると、商談に致命傷となることもあるのです。 😥  パソコンデータありきで商談するわけですから、資料など持っていない場合もあるわけですから、ノートが起動しないともうしどろもどろと言うことになるのです。 :mrgreen:

次に選定したのがNECのHZシリーズです。  (NEC HZ750シリーズを見る

NECはもう30年ぐらい使用したことがなく、98シリーズが最初で最後でした。おいらのパソコン創世記は富士通で始まったので、98シリーズを通ることなくDOS-V革命を受けてしまったので、その後は自作のデスクトップへ移り変わってしまったのです。多くの人が通る98シリーズの洗礼を受けずにこの世界に足を踏み入れてしまったおいらは、なんとなくアンチNECに洗脳されていて、そこへゆくのを無意識に遠ざけていたように思います。

HZシリーズはダイレクト販売で最初に見つけたのですが、店頭販売品にも同等品があることがわかり、店頭で比較することにしました。

 

画面はRZが10インチ、HZが13インチとHZの方が大きく見やすいです。そもそもそこを比較するのは反則ですが、重量を視点においているため、同じ重量条件下で画面の見やすさ大きさは比較に値すると思いました。

CPUはRZがIntel Core M-5Y10 0.8GHzに対しHZがIntel Core i7 2.4GHz 早さだけをとるとHZが上回るように見えます。RZはバッテリーの駆動時間を設計思想に含んでいるのでしょう。Core Mはモバイル用に開発されたCPUと聞いていますから、バッテリーの駆動時間にも大きく影響していると思います。

バッテリーの駆動時間は、RZが14時間に対しHZは9時間と大きく下回る。sweat
上にも上げたCPUの差が大きいし、画面も大きいので当然と言えば当然。駆動時間をとるか画面や反応速度をとるか、軸をどちらに置くかで選定が異なりますね。

ほかに、細かいことを言うと、パナソニックはタッチパッドの独自のドライバーを使用して誤操作を防ぐ仕組みを持っています。キー入力中にタッチパッドに触れても誤操作しないような範囲指定を行うことができるそうだ。余談だけど、会社で使用しているレノボのノートはタッチパッドを誤動作させまくっているため、機能を停止してマウスを使用しているのです。 😛

 

最終的に、画面の大きさとCPUの反応速度(たぶん早いと思う)を取り、NECのHZ750に決めました。ちょうど秋の新製品発表に伴い、夏モデルが安価になるこの時期、店頭は新製品が多く、ネット販売では旧製品が安価になっています。今回のモデルチェンジはOSがWindows8.1から10になるところがメインのようで、大きな変更は見られませんでした。SSDが120GBであることが少し不安ですが、後々換装することも視野に入れて、(換装しやすいらしい)HZ750BABの購入を決定したのでした。 😎

 

NEC HZ750シリーズをAmazonで見る

 

※購入後SSDを512GBに換装。思ったよりもさらに簡単だったので、ノートの選択に間違いが無かったと胸をなで下ろしております。applause

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください