テント泊ザックの軽量化を考える|その2

zackkeiryoka000 先日から、ザックの軽量化の為、何を持ち、何を持たないか検討した。今まで何でもかんでも持って行った山行きから、持ち物を良く吟味して軽量化を目指そうと方向転換をした訳ですが、前回の総重量18Kgから後何を減らそうか考えて居たら煮詰まってしまいました。

これ以上手持ちの駒で軽量化は出来なさそうなので、軽量化に向けた道具の買い増しで対応してみた。(軽さを金で買おうと言う訳です。 😛

まず、タオルを普通のタオルから吸湿速乾性の高いタオルへと変更、モンベルに速乾性のあるタオルが有ったので、従来のタオルから変更してみた。10g程度の軽量化が見込める。 😆

さらに、マットレスをモンベルのコンフォートシステムパッド630gからサーマレストのリッジレスト ソーライト 400gに変更、収納性が悪いのでザックの外に縛り付けることになるのだけど、230gの減量には変えられない。ついでにショップで見つけたハンドタオル、マイクロタオルに変更、軽くて吸湿速乾性が有るので、雨の日にも活躍しそうだ。

着替え用パンツをハーフパンツに変更、小物をそれぞれのケースから出し、スタッフバックにまとめた。

ザックはオスプレイのイーサー70を使用しているのだけど、グレゴリーのZ55を持っているので、変更も検討してみた。マットレスを除き、パッキングは可能なのだが、マットレスを取り付けるのに結構苦労する。グレゴリーが500g軽いので悩むが、マットレスのパッキングが悪いので諦め、イーサーをそのまま使用することにした。

 

そして計量、14.7Kg (水無し)1.3Kgの減量に成功した。水を2L持つので総重量16.7Kg ナッツなどの行動食や財布、地図などフル装備。ほぼ本番と同じパッキングだ。

背負ってみるとそれなりに軽く感じる! 😀

体力に余裕が有るときは、20Kgも16.7Kgもそんなに変わらないかも知れない。食料は2Kgなので、食べてしまえば最終日には15Kgぐらいになるはずである。

さらに軽量化を目指そうとすると、残るは食料に着手する事になる。夏の北アルプスは小屋も営業しているし食事も提供してくれるので、夜の食事を小屋で頂くという、テント泊には暴挙ともいえる技を利用すればたぶん1Kg位は減量出来そうだ。

出発まで残り一週間、もう少し考えて、16.0Kgを目指してみようと思う。

ザックの軽量にとても便利です。おすすめします。

“テント泊ザックの軽量化を考える|その2” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です