夏の雲ノ平、黒部源流を目指して

今年の夏休みに計画している「雲ノ平 〜双六」縦走に向けて着実に準備は進んでいる。

富山駅から折立へ直行バスが運行されるので、予約と支払いを済ませた。インターネットで予約し、コンビニで支払い。思っていたより簡単に乗車券の発券が出来て、驚いた。

今年、黒部の山賊と云う小説と言うか伝記を読んだ。三俣山荘の主人が見聞きした昔の話や不思議な話をまとめた物語で、山行きのテントの中で友だった。読んでいるうちに源流域に興味が湧いてきて、夏の連休を利用して歩いて見ようと思ったのだ。

昨年から天候に祟られて、満足な山行きが出来ていない、体力が無いからテント泊の予定もやりとうせなくなってる様に思える。前回の穂高縦走は奥穂のピストンと言う不甲斐ない結果に終わったし。

 

今年こそと信じて予約の支払いを済ませた。